スピリチャル

「初心者向け」【神】とは?【悟り】とは?『科学で判明』神と悟りの正体

神とは何か?悟りを開くとは?(科学で解説)

意識のマップ(17の意識レベル)と波動領域

神とは何か?」そして「悟りを開くとは?」について、科学で解説。

初心者向けに、わかりやすく解説します。

難しい話ではないし、科学的な話なので、ご安心を。

名無き仙人(冒頭文神社の写真)

こんにちは。名無き仙人です。

名無き仙人【プロフィール】2024年

幸せな生き方】ブログ14年目(累計9130万PV)

SNS総フォロワー5万人

私は子供の頃からずっと、神様って、何かすごい力を持った、大きな存在で。

空の上か、どこかに、いるのだと思っていました。

でも、実は、そうでは、なかった・・

古今東西、ぽつぽつと、悟りを開いた者たちが、『この世界の真実』について、証言を残してきていますが・・

その「証言の正しさ」を、現代の最新科学が、証明しつつあるんです。

そう、『証言』と『最新科学』から、こう、結論づけられるんです。

実は、全てが神様だった・・貴方も、神様の現れだった。

驚く男性

え?私も、神様なの?

私達は誰しも「神様とは・・」と、神について、何かしらのイメージ/思い込みをもって、生きていますが。

神様に対する観念(思い込み)が変わることは、人生が激変する『ヤバいこと』。

なぜなら、「自分とは何か?」セルフイメージが、根本から、変わってしまうからです。

そう、実は・・

「神とは何か?」を知ることは、自分と人生を変える方法でも、あるのです。

そして、そして。

神の正体がわかることで、「悟りとは何か?」まで、わかってしまう面白い話でも、あります。

この世界の見え方が、そして自分と人生が、変わってしまう「すごい話」是非、お楽しみください。

記事は、以下の構成です。

記事の構成

①『現実』の正体

②神の正体

③悟りの正体

まずは①から。

現実世界とは?正体

現代の物理学(素粒子物理学)によって、判明しているとおり。

現実の世界は、素粒子から成り立っています。

人間やパンなどの物質は、原子から成り立っており、原子は素粒子から成り立っています。

この世界の最小単位の物質が素粒子であり・・

貴方も、パンも、この世界の全ては【素粒子の組み合わせ】で、出来ているわけです。

でね。

原子。素粒子の二重性

約100年前に、物理学者たちによって、観測により、確かめられて判明したことなのですが・・

物質の最小単位の素粒子は、観測している時には、粒としての性質を示すものの。

観測していない時には、波としての性質を示すことがわかったんです。

そう、不思議な話なのですが。

物質の最小単位の素粒子は、粒(粒子)と、波(波動)の、2つの性質を、持ち合わせていることが、わかっているんです。

これは、物理学の世界では有名な話であり【二重スリット実験】で検索すると、たくさん、情報がでてきます。

重要なので、もう1度。

物質の最小単位の素粒子は、観測している時には、粒(粒子)としての性質を示すんですね。

まあ、これは、「当然そうだよね」で、わかりますよね。

でも、観測していない時には、波(波動)としての性質を示すことがわかったんです。

え?観測をしない場合は、物質ではなくて、波になるの?」と、驚きですよね。

この不思議な現象は、約100年前に観測により確かめられており、当然、その後も検証が続けられていて・・

「確かに、素粒子は、そういう不思議な性質を示す」と、わかっているんですね。

つまり。

この世界は、素粒子の組み合わせで、できている・・

で、この世界を構成している素粒子は、観測していない時には、物質ではなくて、波(波動)になってしまう・・

だから「見ていない時には、この世界は存在していない」とか「この世界はシュミレーションの仮想現実なんだ」などの話も、見聞きする機会があるわけですが。

そして、素粒子物理学において。

全ての粒子には、それとペアになる反粒子があり、粒子と反粒子が出会うと、光となって消滅することがわかっているんですね。

で、この宇宙は、粒子だけで構成されいて、なぜか、反粒子がいないようなのです。

これは、現代物理学の「大きな謎の1つ」と、されているようなのですが・・

それも、そのハズ。

私達が、観測することができている【現れの世界】において、もし仮に、全ての全てが完全にそろって、完全にバランスがとれてしまうと・・

全ての粒子と反粒子が完全にそろってしまうと、光となって消滅するわけです。

つまり。

全てがある場所には、全てがあるからこそ、光となって消滅してしまうせいで、何もなくなってしまう・・

【無(「何もない」すら、ない)】に、なってしまうわけです。

だから【無】というのは、「全てがある状態」でも、あるわけですね。

粒子と反粒子が完全にそろってしまうと・・

全てが揃ってしまうと、全てがあるからこそ、全てが打ち消し合って、全てがなくなってしまう・・

【無(「何もない」すら、ない)】という状態に、なってしまうわけです。

この状態・・

全てがバランスよく完全に揃った、「完全な状態」がゆえに、何もない『無』の状態が、宇宙の誕生前の、世界の状態ですね。

この「全てがあるからこそ、何もない」宇宙誕生前の状態では・・

「「何もない」すらない」ので、当然、時間もないから、「宇宙誕生前」の「前」という概念すら、ありません。

本当に、何もないわけですね。

私達は、「何かがある」世界を生きているから、比較より「何もない」ことを認識できるわけですが・・

そこは「何もない」すら、認識できないし、認識ということも存在しない・・

本当に、何もない状態・・

『現れ』が、何もない【無】の状態・・

本当は、【無】すら、なのですが・・

その【無】の状態・・宇宙誕生前の、全ての全てがあって、完全にバランスがとれた状態から、バランスが崩れることで・・

この【現れの世界】は、存在することになったわけですね。

「全ての粒子には、それとペアになる反粒子があり、粒子と反粒子が出会うと、光となって消滅する」

逆を言えば、粒子と反粒子のバランスが崩れているから、消滅せずに【現れている】というわけです。

よって仙道では「不完全こそ、完全」と教えていて。

この【現れの世界】は、全てが陰陽に分かれていて、尚且つ、バランスが崩れているからこそ、【現れている】世界。

だから、光あれば、闇もあって。

善があれば、悪もあって。

平和があれば、争いもあって。

男がいれば、女がいて。

そして、それらのバランスは、常に崩れている・・

逆を言えば。

全てが揃い、全てのバランスが取れてしまうと、光となって消滅してしまう・・

【現れる】ことが、できなくなって、宇宙誕生前の【無】の状態に、戻ってしまうわけですね。

その意味では。

私達が生きている、この【現れの世界】においては「不完全であること」を、容認せざるを得ない・・というわけです。

完全が良いならば、完全であるがゆえに、何もない【無】の状態に、なるわけで。

だから、この【現れの世界】においては「別に不完全でも、良いんだよ。不完全だからこそ【現れている】んだからね」と、そういうわけで・・

仙道では「不完全こそ、完全」と教えているわけですね。

この話については、以下の記事が詳しいです。

ダメな自分を受け入れる方法【自己肯定感の高め方】観念スピリチュアル編

なお、【現れの世界】と表現している理由ですが。

私達が5感を使って知覚している世界は、【3次元空間】と【時間】から成る『4次元の世界』であり・・

この『4次元の世界』のことを「現実」とか「宇宙」と、呼んでいるわけですが。

実際には、他の次元【5次元】とか【6次元】なども、わかっていないだけで、あるのかもしれないからです。

ただし、どちらにしろ。

仮に、他の次元があろうとも、それらは【現れの世界】。

『現れ』が、何もない【無】の状態とは、違うわけですね。

というわけで、ここまでが、基本的な前提知識であり、ここからが本題。

神とは何か?神の正体

「全てがあるからこそ、何もない」宇宙誕生前の【無】の状態を、仮に【神様】と定義した場合。

「全ての粒子には、それとペアになる反粒子があり、粒子と反粒子が出会うと、光となって消滅する」

【神様】が、バランスを崩されたことで、【現れの世界】は、出現し始めた・・

光となって消滅することなく、素粒子が、存在する状態となり始めたわけで。

ということは。

素粒子それ自体が、神様なわけですね。

全ての全てが、【無(神様)】から生じている・・神様から、派生しているわけで。

宗教的な表現をするならば「素粒子それ自体が、神ご自身の現れ」なわけですね。

で、この現実世界は、全てが、素粒子で、出来ている・・

あらゆる全ての物質は、素粒子の組み合わせで、できている・・

だから「素粒子=神様」の場合。

この現実世界は、全てが、素粒子(神様)で、出来ている・・

あらゆる全ての物質は、素粒子(神様)の組み合わせで、できている・・

そのため、現実の世界、それ自体が、全て「神ご自身の現れ」と言えるわけですね。

「素粒子=神様」の場合。

【神様の現れ】以外のものは、この現実世界には、何1つ、存在していません。

全ては、素粒子(神様)で、できている・・

全ては【神様の現れ】で、できているわけです。

そして、思い出してください。

貴方も、パンも、みんなも、素粒子の組み合わせで、できています。

だから、貴方も、パンも、みんなも、素粒子(神様)の組み合わせで、できている・・

つまり、貴方も、「神ご自身の現れ」なんです。

だから、貴方も、神様なわけですね。

貴方は、神様の一部分なわけです。

貴方は、この宇宙に存在する素粒子の一部分ですからね。

そう、実は、貴方は、そもそも、「神ご自身の現れ」だったんです。

図解【人間とは?神とは?】

別の見方をすると。

人間は、サルからの派生物で、サルは、微生物からの派生物であり、微生物は、地球からの派生物であって・・

地球は、宇宙からの派生物であり、宇宙は、【無(神様)】からの派生物です。

つまり、あらゆる全てが、元を辿ると、【無(神様)】からの派生物なので。

あらゆる全てが【神様の子供】でもあるから「生きとし生けるもの、みな、兄弟」なわけですね。

「何の兄弟か?」と言えば、「【母なる神様】の子供の兄弟」なわけですね。

ここから、宗教や、スピリチュアルな話との、関連性の説明と、なっていきますが・・

世界各地の宗教では、人間のことを「神の子」「光の子」と、表現していますが、ようは。

全てが「神ご自身の現れ」であるならば、当然、人間も、「神ご自身の現れ」であり「神の一部分」となるからです。

イエス・キリストの言葉に・・

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです。」

「わたしと父とは一つです。」

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」

などがあるようなのですが、イエス・キリストは、‘わたし’という時に、1個人の‘私’のことを言っていたのではなく・・

イエス・キリストは、「私だけが神で、私だけがすごくて偉い存在なんだ。へへんっ♪お前らとは、違うんだ」と、自慢したのではなく・・

私達が普段、‘わたし’という時には、1個人の自分のことだけを指しますが・・

「自分は自分は自分は自分は」という、自我意識を完全に超越されていた、悟りを開いていたであろうイエス・キリストは・・

‘わたし’という言葉を使う際、それはイエスご本人の1個人のことを指しているのでは、なくて。

自我意識を完全に超越されていたのであろうイエス・キリストには、私達のような個別の意識はなかったがため。

イエスが‘わたし’という場合は、我々の言う‘私達(人間)’のことを指していたのかもしれません。

つまり。

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、私達はいるのです。」

「私達と父とは一つです。」

「私達が道であり、真理であり、いのちなのです。」

ということであり・・

「私達は、みんな、「神ご自身の現れ」なんだよ」ということを、説いていたのかもしれません。

そして、このことは、以下を意味します。

<自分だけが幸せになることは、できない>

貴方も、みんなも、「神ご自身の現れ」であり、「神の一部分」であるならば。

それは、貴方は、人差し指であり、Aさんは、中指であり、Bさんは、小指のようなもの。

大きな視点から見れば、大元は、みんな同じもの(神様)です。

例えば、貴方の小指は、【小指】とも言えますが、【貴方】であり【貴方の部分】ですよね。それと、同じ理屈ですが・・

だから、中指や、小指の犠牲のもと、人差し指だけが、幸せになることは、できない・・

短期的には、できても、長期的には、できない。

長期的には、中指や、小指も、ともに、幸せになれるwin-winの関係しか、成り立たない。

だから、「今さえ、自分さえ良ければいい」破滅原則は、幸せの前借り。

破滅原則だと、長期的な繁栄は、できない・・長期的には、自滅するわけですね。

この宇宙の絶対法則の1つ、破滅原則と繁栄原則については、以下の記事が詳しいです。

【不幸になる人vs幸せになる人】特徴【破滅原則と繁栄原則】

小生は、もろに、そうだったのですが。

人生、生き地獄になっている場合、原因は、破滅原則である場合が、多いようです。

悟りを開くとは?悟りの正体

そして、だからこそ、悟りを開くと「全てを同時に知覚できる神視点」になるのかもしれません。

書籍【あるヨギの自叙伝】の中では、意識の覚醒が起きると、「あらゆる全てが自分自身である」と感じられて・・

川も、山も、木々も、あらゆる全てが、「私自身だ」と、感じられる状態となって。

「全てを同時に知覚できる神様の視点になる」と、されています。

もし仮に、「素粒子=神」であるならば。

あらゆる全てが、素粒子で、できている・・神様ご自身であるため。

もし、神様と同調・同期した意識状態となれば、当然、「あらゆる全てが自分自身である」と感じられる状態となって・・

まあ、当然、あらゆる全てが、素粒子(神)なので・・つまり自分なので、そう、感じられるようになって、当然ですが。

で、「全てを同時に知覚できる神様の視点」になる!というわけですね。

逆を言えば。

私達が、普段、経験している視点は、【人間からした時の蟻のような小さく低く狭い視点】蟻視点でもあります。

現実世界の本当の姿

私達は普段、多次元で存在しているのかもしれない多次元宇宙の中の1つにすぎない、4次元宇宙の中で。

膨大な宇宙空間だから、確率的に、地球のような星は、たくさんあるであろうことが、計算上、判明しているにもかかわらず・・

たった1つの地球という惑星の中で。

しかも、地球の中で、日本という狭い、小さな島国の中で。

さらには、日本の中でも、自分の、狭い狭い生活範囲の中で。

しかも、物事の一側面だけを見ながら「現実が、現実が。現実を見ろよ」と、言っているわけですね。

まさに、蟻が、低い視点から、狭い小さな現実の、一側面だけを見て「現実が、現実が。現実を見ろよ」と、言っているような状態。

しかも、思い込み(バイアス)が、多分に、かかっている状態にて、脳内で、自分の【独りよがりの現実】を創造して、作り出してしまって。

脳内の創作物にすぎない1個人の「現実」を見ながら、「現実が、現実が。現実を見ろよ」と、言っているわけですね。

で、そういった状態が【現実】であることも、私達は普段、自覚が伴っていないわけですね。

この話、「そもそも現実とは何か?」については、以下の記事が詳しいです。

【見るだけでOK】辛い現実を変える方法(潜在意識スピリチュアル編)現実とは

なお、最後に、『17段階の意識レベル』の観点から「悟りとは何か?」について。

アメリカの精神科医ホーキンズ博士によると。

悟りの状態に達した人間の、生物としてのエネルギーレベルは、700~1000であり・・

【悟り】の意識レベルは、イエス・キリストや、ブッタなど、歴史上の偉大なマスターのレベルだそうです。

すべてが「神の意識」とつながっていて、時に、彼らも神と同一視されますよね。

このレベルでは「私」と言う肉体的な区別は、もはや存在せず、自分という存在の運命にも、まったく関心を持たないそうです。

完全なるワンネスのレベルであり、人類が到達できる最高の意識レベルであり・・

このレベルに達した人は、主観と客観の区別がなくなり、至福の状態が連続して起こるため、自らを世界から切り離し、通常の生活をやめてしまうことも少なくないそうです。

そう、つまり。

このレベルに達してしまうと、【自分】と【自分以外】の区別が、なくなってしまうせいで・・

観察者は、その光景の中に溶け、観察されるものと等しくなってしまう・・ワンネスの状態となっていくわけですが。

思い出してください。

素粒子は、観測していない時には、波(波動)としての性質を示すことが、科学的に判明しています。

そのため。

この世界を、観測する者(自分)が、いなくなってしまうと、この世界は、波(波動)の状態になってしまう・・

その波の状態は、愛や、喜びや、平和の波動で、満たされている状態であり・・

だからこそ、至福の状態が連続して起こる状態となってしまうため。

そんな状態になってしまったら、もはや、普通の生活は、できなくなるから、通常の生活をやめてしまう・・というわけですね。

なお、ここまでの解説は、主に、科学を元に、言葉で伝える解説・・意識レベル400【理性】での解説でした。

こういった話を、左脳を使って、言葉で理解するのではなくて。

右脳で、体験的に理解する段階が、意識レベル500【愛】以上の段階です。

だから、意識レベルにおける1番の分岐点は、意識レベル200ですが・・

もう1つの分岐点は、500になるわけですね。

意識レベルについては、以下の記事が詳しいです。

【完全解説】17の意識レベル【パワーかフォースか】人間性『高い人と低い人』

「神とは何か」の認識と、人生の関係

ここまで、いろいろと、情報をシェアさせて頂けて、感謝しているのですが・・

でも、科学において「神とは何か?」は、絶対的な答えは、わかっていないわけですね。

つまり。

「神とは何か?」について、どう認識していようとも、それは、個人的な「思い込み」の領域を、でないわけです。

なんだよ。どちらにしろ、思い込みなのかよ!」と、思うわけですが・・

でも、『思い込みには、力がある』プラシーボ効果や、ノーシーボ効果は、存在していることが科学的に証明済。

「偽の薬を飲んでも、患者が「本当に治る薬だ」と思い込んでいると、実際に、効果がある」というやつですね。

つまり。

「神様はすごい存在。それに比べ、人間にすぎない自分はダメだ」と、思い込んでいると、その思い込みは、実際に、マイナス方向で、力を発揮してしまうし・・

「私は、すごい存在だ。だって、神そのものでもあり、神様の一部分だから」と、思い込んでいると、その思い込みは、実際に、プラス方向で、力を発揮してしまうわけです。

だってさ、考えてみて?

もし仮に、自分が、神そのものでもあり、神の現れであり、神様の一部分だったならば。

制限や、制約の多くは、なくなってしまいますよね?

なぜなら、この宇宙の創造主である神様は、当然のごとく、とんでもない力と、理解ができないレベルで可能性を秘めていて。

で、そんな創造主が、実は、自分自身でもあった・・となると。

いやこれ、いろいろなことが、話、変わってきますよね?

「自分は無力の存在だ」とか「自分には、できない」とかって、思いがちだけど。

もし仮に、自分は、神様の現れであるならば、話、変わってきますよね?

もし仮に、自分が、神様の現れであるならば・・自分には、とんでもない力が、秘められていることに、なってしまいますよね?

貴方様は、自分のことを、どのような存在だと、認識していますか?

その認識が、なんであれ、その認識は、個人的な「思い込み」であり・・

個人的な「思い込み」にすぎないのに、でも、「思い込み」ごときが、物凄く、強烈な影響を、貴方に、実は、与えているんです。

だから。

今回の話は、自分と人生が、変わってしまう「すごい話」でも、あったんですね。

そして、どう思い込もうと、自由です。

なぜなら、現代日本では、信仰の自由が、保証されているからです。

偶像崇拝と宗教と神様の関係

名無き仙人と神社の森

というわけで、仙道修行者である小生は、今回の話のような【思い込み】を、もって生きているため。

神社に行っても「神頼み」しないんですね。

理由の1つは、以下の記事のとおり。

何もない自分のまま幸せな人【無敵の人】になる方法【仙人道】

仮に、何もなくても幸せな自分作り」を行っていて、だからこそ。

「こうなって欲しい」などの妄想通りに、現実が展開しなくても、「あ~幸せ」幸せでいられる【無敵の状態】を、目指しているからですが。

もう1つの理由は、「神とは何か?」の認識に、あるんですね。

神社とは、素粒子が、組み合わさって、できているものです。

で「素粒子=神様」であるならば、神社に限らず、私自身も、みんなも、神様です。

つまり、神社だけが、神様ではないことになるから・・

神社に行ったら、参拝はするし、日々の生活に対する感謝はしますが、神様には、お願いは、しないんですね。

いや、以前の私は、めちゃくちゃ、神様に、お願いをしていたんです。

神様、お願いです。私の願いを叶えてください。賄賂として、お賽銭5円を、あげますから

自分以外に、神様という別の存在がいて、その神様を、5円という低時給で働かせようと、してばかりいました。

そんな、【他力本願】の当時は、現実的にも、体感的にも、何もかもうまくいかない、生き地獄の状態でした。

そんな【他力本願】な状態から、抜け出す・・

他人のせいにするのを、辞めるまでの葛藤の実話については、以下の記事が詳しいのですが・・

【実話】「他人のせいにする」辞めたら【人生が変わった体験談】スピリチュアル

そういう意味では、まあ、滑稽な話でも、あるわけですよね。

何でも叶えてくれる全知全能の「神様」という、自分にとって都合のいい存在を、妄想によって、作り出して。

妄想を、「真実だ」と思い込んで。

「金運が上がりますように。臨時収入が入りますように」

一生懸命に、神様に、お願いをする・・

こういった偶像崇拝が広がった理由の1つは、今回のような話は、理解が難しいから!でもありました。

たった100年前まで、素粒子物理学という分野は、存在すら、していなかった人類史。

また、対面以外の情報伝達手段は、紙に書かれた文字しかなくて。

でも、文字というのは、記号の羅列。

記号の羅列のなかに、隠された意味・・今回のような抽象的な話・・しかも科学的な側面での解説はない状況にて。

記号の羅列を解読していき、「はいはい。なるほど。神とは、定義次第では、そうなるわけね」と、理解できる個体は、あまりに少なくて・・

そもそも、近年まで、世界的に、識字率は、めちゃくちゃ低かったですから、文字、読めなかったわけですよね。

だから、『神とは何か?』その真実について、私達大衆が、理解するのは、難しかったわけですね。

そのため、私達大衆には、わかりやすい形の教えが、広まったわけですね。

ほら、この石や、あの仏像が、神様だよ。拝みなさい

そうやって、形があって、わかりやすい神様が、人気になっていった・・偶像崇拝が、広まっていった経緯が、あるわけです。

ただし。

古今東西、悟りを開いた人達は、同じような証言をしている・・

今回の話のような証言をしている!ということですね。

というわけで。

「神様とは、何か?」って、定義次第でも、あるのですが。

仮に、【無】を、【無から派生した素粒子】を、神と定義するならば・・

実は、貴方自身が、『神ご自身の現れ』であり、『神の現れの一部分』だった!という話でした。

なお、今回の話は【17段階の意識レベル】について知ると、理解が深まります。

意識レベルについては、以下の記事が詳しいです。

【完全解説】17の意識レベル【パワーかフォースか】人間性『高い人と低い人』

また、「悟りを開く方法」や「悟りを開くと、どうなる?」については、以下の記事が詳しいです。

【ガチ】悟りを開く方法3つ【仙人道vsヨーガ】マジで解脱したい人へ

【図解】悟りを開くとは?【わかりやすい初心者向け】悟りを開くと、どうなる?

さて、最後まで、ありがとうございました。

感謝しています。

<名無き仙人>

名無き仙人

バス男
スピリチュアル的だけど、あらゆる全てが、神様だったわけか
バス子
科学的にも、神様とは、あらゆる全てのこと!だったわけね
仙人
「悟りを開く」とは、神意識に、到達することじゃのぉ

合わせて読みたい

初心者向け【意識とは?】顕在意識と潜在意識!心理学/脳科学/スピリチュアル

【不完全な世界を許す】嫌いな他人を受け入れる方法!許せない人がいる人へ

【完全解説】魂の覚醒『前兆サイン』覚醒の段階も!意識レベル編スピリチュアル

ガチ【パラレルワールド】への移動方法(波動調整編)体験談も!スピリチュアル

【人類選別】2025年7月大災害予言【助かる人vs危ない人】スピリチュアル

おすすめ記事

図解!潜在意識を書き換える方法

転生仙術★→潜在意識を書き換える方法【転生仙術】※人生が変わった私の体験談

不安ストレス解消ワーク

「不安が強い」「イライラする」今すぐ解決

人気記事★→【今すぐ解決】不安ストレス解消ワーク

東洋の島国には、名も無き仙人が住むという
【名無き仙人の物語】since2010
お蔭様で14周年、累計9130万PV突破!
総フォロワー数5万人越え!
いつも、ありがとうございます

ユーチューブ名無き仙人の【ユーチューブ】

X名無き仙人の【X】

気軽にSNS等でシェアして下さると嬉しいです

お金★→【副業&資産運用】お金の余裕の作り方

仕事★→【転職・就職】賢いやり方&おすすめサイト

人気記事

不安の対処法 1

不安の対処法『科学&スピリチャル』お金/恋愛/仕事 この記事の『動画版』は、以下で。 不安の対処法・・ 「不安の79%は妄想」という話を、ペンシルバニア大学の研究結果と、書籍『心配事の9割は起こらない ...

引き寄せの法則(スピリチャル) 2

引き寄せの法則のコツ『行動編』 この記事の『動画版』は、以下で。 引き寄せの法則のコツの話ですが「行動が必要?不要?」これ、両方正しいです。 引き寄せの法則のやり方には、2種類あります。 ①波動編(ス ...

自分と他人を比べない「自分軸と他人軸」 3

自分と他人を比べない方法『自分軸vs他人軸』 自分と他人を比べない方法は、自分軸をもつことです。 「自分軸って、なに?」 「なぜ、自分軸を持つと、他人と比べなくなるの?」 わかりやすく解説していきます ...

欲をなくす方法・欲のコントロール方法 4

欲を抑える方法!欲をコントロールできる人の特徴 食欲、性欲、承認欲求・・ 欲を抑える方法を、書籍『あるヨギの自叙伝』を参考に解説します。 結論。 欲をなくす方法は、顕在意識を使えるレベルを高めることで ...

強運になる方法 5

強運になる方法『いつも運がいい人』の特徴 強運になる方法・・いつも運がいい人になるには、以下の2つが重要。 ①現実のコントロール ②心のコントロール 再現性が高いのは「起きた物事を、どう捉えるか?」② ...

-スピリチャル
-, , , , , ,